2005年05月08日

しつけ

しつけは初めが肝心と良く聞きます。
慎くんにも餌をあげる時にお座りと、待てをしつけました(夫メインですが)。
今では餌の時には必ずお座りと待てはできるようになりました。
また、ゲージから出るときはお座りをさせてから出しています。
餌での待ては慎くんにはつらいようで、しばらくの間は「いいよ」と言うまで、餌を見て、私(または夫)を見て、を数回絶え間なく繰り返します。
そして、あまりにも待たせる時間が長くなると、体中がプルプルと震えててきて、我慢の限界がきてると分かります。
そしてあっという間に食べ終えてしまいます。
フレンチ・ブルは食欲旺盛で太りすぎに注意と、本にもペットショップの店員さんにも言われました。
まさに成長期の慎くんには、どの程度まで餌をあげればいいのか迷うところです。

待ておすわり
 早く食べさせて!     お座りできるよ!
posted by ひさえ at 22:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。